ネタコンテンツ

暴露トラックマンの極穴・重賞直前リポート

重賞攻略の鍵も現場の“ホンネ”!世間が軽視する伏兵馬、危険な噂のある人気馬……裏ネタを超厳選で前日公開!

【オークス 2024】5年連続2ケタ人気が馬券圏内!トライアル◎○▲ズバリの現役記者が徹底攻略 !

オッス。マンダケンタだ。

先週のヴィクトリアマイル。当コーナーでも「人気馬は信用しづらい」「二桁人気の激走も珍しくない」と指摘していたが、実際人気を分け合っていたナミュールが着外に敗れ、ブービー人気のテンハッピーローズが直線一気で勝利。改めてこのレースが荒れやすいことを実感したよ。

今週以降もオークス、日本ダービー、安田記念とGⅠが続いていく。近年は出走馬のローテが色替わりしていることもあって、以前のセオリーが通用せず、どのレースもなかなか人気通りに収まらない。

下馬評では伏兵、ないし圏外と見られているような人気薄をあぶり出すのがオレたちの役目。この後のGⅠシリーズでも、ヴィクトリアマイルの配当に見劣らないイイ馬券をゲットできる可能性は必ずあるはずだ!

オトメには過酷な2400m戦!狙うべき穴パターンは?

マンダケンタ

さて今週はオークス。過去10年の勝ち馬は全て「1~3番人気」で一見すると堅いレースに映るが……

19年②着 カレンブーケドール(12人気)
20年③着 ウインマイティー(13人気)
21年③着 ハギノピリナ(16人気)
22年②着 スタニングローズ(10人気)
23年③着 ドゥーラ(15人気)

マンダケンタ

実は2019年以降、二桁人気が5年連続で馬券に絡んでいる。かなり「ヒモ荒れ」しやすい一戦と見ていいだろう。低評価に甘んじている馬でも、十分に活躍できるレースだ。

オークスも東京を主戦場にしている「美浦のスパコン」こと頭脳派・Uトラに狙いどころを伺ってみよう。

UトラはNHKマイルカップでも10番人気③着のロジリオンを当コーナーでズバリ推奨。一見するとおカタそうな見た目だが、実は穴馬が大好物。オレたちと同じ変態馬券師だ。トライアルのフローラSも◎▲◯の印上位3頭でブチ当てて絶好調。本番のオークスもどの馬を狙っているのか、気になるところだ!

難解なトライアルも大本線でズバリ!
24年4月21日 東京11R
『第59回フローラS』

◎カニキュル(4人気)
▲アドマイヤベル
○ラヴァンダ
3連単2万9750円的中
3連複6500円的中

Uトラックマン

よう、ケン坊。おつかれさん。今週も東京GⅠってことで、オレがオークスの分析を担当するぞ。

3歳牝馬の頂点を決めるオークスは、ケン坊の言うとおり一筋縄ではいかない。さすがに勝ち馬は人気の実力馬であることが多いが、②着③着で穴を狙うのは全然「アリ」だ。ただ、ケン坊とは違ってオレはアブノーマルな性癖は持ち合わせていないがな……(笑)

オレは関係者から聞いた情報と、自分のレース分析を組み合わせて結論を出すスタイル。数あるレースの中でも、オークスは世代限定のGⅠ。過去の傾向と、各馬が近走どんな走りをしていたかをしっかり分析する必要がある。

オークスのポイントは何といっても『2400mの距離』だ。桜花賞の1600mから、一気に800mも延びることになる。皐月賞→ダービーの2000m→2400mと比較して、パフォーマンスをガタっと下げる馬も珍しくない。

逆にいえば、人気薄で激走した馬は得てして「1800m以上、中距離」での勝利実績があった。1600m以下でしか勝ったことのない人気薄が激走するケースは、限りなく低いと見ていいだろう。

「中距離での勝利実績」があって人気薄で好走した馬
15年③着
クルミナル(6人気)
新馬(芝1800m)①着
17年②着
モズカッチャン(6人気)
フローラS(芝2000m)①着など
19年②着
カレンブーケドール(12人気)
スイートピーS(芝1800m)①着
20年②着
ウインマリリン(7人気)
フローラS(芝2000m)①着など
20年③着
ウインマイティー(13人気)
忘れな草賞(芝2000m)①着など
21年③着
ハギノピリナ(16人気)
矢車賞(芝2200m)①着など
22年②着
スタニングローズ(10人気)
フラワーC(芝1800m)①着
23年③着
ドゥーラ(15人気)
札幌2歳S(芝1800m)①着など

Uトラックマン

なんと、過去10年で好走した6番人気以下の計8頭全てが、この条件を満たしていた。2021年には16人気のハギノピリナが大激走、3連単53万2180円と波乱演出の立役者になっていたな。

これはシンプルに馬の適性と、それに合わせて仕上げてきた「陣営の意図」が関係している。

基本的に、2歳~3歳牝馬の大目標は「桜花賞>オークス」だ。2歳女王決定戦の阪神JFが1600mで行われるし、クラシックを目指す素質ある馬は少なくともマイル戦へ対応できるように、馬を作り込んで行く。

なので、スピードタイプに仕上げられた馬は2400mの距離で息切れ。21年に1.9倍の人気を裏切ったソダシがいい例で、この馬はデビュー当初こそ1800mの中距離であったが、先行抜け出しの速力を活かすレーススタイルをしていた分距離が延びて苦しくなった。

そのほか、レッツゴードンキ(15年2人気⑩着)コントラチェック(19年3人気⑨着)アートハウス(22年2人気⑦着)コナコースト(23年3人気⑦着)など、人気を背負って馬券外に敗れた馬は、その多くが「先行馬」。前々で立ち回って、粘り込みたいタイプの馬にとって、オークスの2400mは鬼門といえるだろう。

💡【Point】人気でも先行馬は過信禁物!

Uトラックマン

その一方で、デビュー当初から「この馬にマイルは忙しい」と、中距離路線にフォーカスして鍛え上げられる馬が花開くのがオークスという舞台。

名前を挙げた8頭の中でいえば、モズカッチャンウインマリリンハギノピリナの3頭は、デビューから「芝1800m以下」の経験すらなかった。つまり、ハナから桜花賞は諦めて、オークスに照準を向けていた馬だった、というワケ。

さらに、3頭とも「差す競馬」で結果を出してこのオークスに出走。距離が延びることを想定すると、スタートからガンガン出して行く先行馬にはなかなか作りづらい。実際、オークスでは差しがバンバン決まっているから、各陣営の育て方がピタリとハマるのがこのレース、という見方もできる。

💡【Point】基本的に差し馬が有利!

Uトラックマン

今年の出走馬でいえば…

アドマイヤベル デビューから全て1800m以上、フローラSを差して①着
エセルフリーダ デビューから全て2000m、ミモザ賞を差して①着
コガネノソラ 1800mで3勝、スイートピーSを差して①着
ミアネーロ 1800mで2勝、フラワーCを差して①着

Uトラックマン

この4頭は、オークスを狙って育ててきたニオイがプンプンする。この辺りが例年の傾向に合致した穴候補に近しい存在といえるだろう。

買い目に入れても良さそうなのは…

Uトラックマンの
事前注目馬❶

エセルフリーダ

全て2000mを使われて③①⑤①着。2歳7月とデビューは早いが、中距離以上に目標を定めて調整されてきたことは明らか。前走は4コーナー最後方から最速の上がりをマークしてごぼう抜き。東京コースでも勝ち星があるように、末脚は人気馬にもヒケを取らない。

2勝馬で例年なら出走自体が微妙なラインも、今年は登録頭数が少なく、2週前の段階から出走は確定。オークスに向けて集大成の仕上げを施してくる可能性が高い。ハギノピリナとイメージがダブる。“穴オンナ”にふさわしい1頭だと思うぞ。

マンダケンタ

なるほどな。世間には「距離なんて関係ない」って言っている予想家・トラックマンも多いようだが、Uトラの分析を聞く限り、明らかに距離と陣営の育て方は結果に結びついているよな。

Uトラといえば、先週もド級の一撃を仕留めてたもんな。世間が軽視する大穴に堂々◎を打って1000倍超えは大したもの。ほかに流されない独自の目線、そして分析眼、オレも一目置いてるのよ。

超大穴から3連単10万超の好配当をズバリ的中!
24年5月11日 東京3R
◎シベリアンポラリス(10人気)
○ユイノコミチ
△シーニックビュー
3連単10万9180円的中
3連複1万6060円的中
馬単9150円的中

Uトラックマン

先週土曜の東京3Rだな。正直、10番人気から買って10万の馬券じゃ物足りないんだけど……(笑)まあ、本命対抗でしっかり決まってヨシといったところかな。

全然人気は無かったけど、関係者も「新馬の頃とは馬が違う」「体質が強くなって中身の濃い調教を積めている」と自信満々だったからね。オークスもさっき触れたエセルフリーダも絡めて、穴目でガッツリ獲る算段はできてるよ。まぁ確かに強いのはいるけど、勝ち馬だけを探すのが競馬じゃないからね。

マンダケンタ

Uトラは分析だけでなく、情報の正確性も全トラマン中でトップクラスだからなぁ。この春、好配当的中が連発しているのも納得できるな。

『情報』に関してはオレも負けちゃいられないぜ。常にアンテナは東西トレセンにビンビン張っているし、LINEの連絡先は関係者で埋まっていて、オキニのキャバ嬢のトークを見失っちまうくらいだからな。

関係者からの情報を踏まえたオレのオークス・注目穴候補は「土曜日」に当ページで無料公開予定だ!コッチも見逃すなよ!

続きは会員限定で公開中!
今週ご登録いただくと
注目重賞の穴馬情報も
無料でお届けします!

第91回 日本ダービー (G1)

しあわせ万馬券【暴露王】が誇る現役記者は、21年3連単【5万8980円】の立役者

激走穴:ステラヴェローチェ(9人気→③着)
に匹敵する、爆穴激走馬の情報を独占入手済!

重賞リポート担当・万田券太
重賞・GIの万券直結情報はおれにまかせろ!
気づけば、競馬記者としてデビューして早ウン十年。暴露王が提携している凄腕トラックマン連中(現役記者)の中でも、俺以上に足で情報を聞き込んでいるヤツはいないと自負している。

立場上本名を明かすわけにはいかないので万券にちなんで"万田券太"ってことでよろしく。まぁ普段の現場でも「ケン」「ケンさん」「ケンちゃん」ってな感じで呼ばれてることだし、案外悪くない名前だろ?それじゃ、今週もとっておきの穴情報で重賞万券~!

<< 一覧に戻る