ネタコンテンツ

トレセン発!平日特捜便

一般ファンにはほとんど入ってこない平日トレセンのナマ情報を厳選して先取り。ここを見ればより一層、週末が待ち遠しくなること間違いなし!

特別無料公開中!
【水曜想定注目馬】
札幌5・6日目

札幌5日目1Rイッツオンリーユー

手塚厩舎
初戦は「まだ太い」という話。しかも開催屈指の評判馬=ブラストウェーブがいたこともあって「よくて②着だろ」と控えめだった手塚師。ところが、これにクビ差まで迫って後続を5馬身離した内容に「いや~、仕上がっていれば負かしてたな」と。むろん、叩いた今回は「確勝級!」と自信満々。

札幌5日目8Rカラフルキューブ

高野厩舎
前走は目測で約3馬身の大出遅れ。道中も大外をマクリ上げて11/2馬身→11/4馬身差の③着だから、担当スタッフが「まともなら勝っていた競馬だったよね」と嘆くのも当然のこと。今回はそこから短期放牧を挟んでの中7週。「ゲート練習もみっちり積んだ」となれば、五分に出て決めたい一戦。

札幌6日目7Rパワーブローキング

栗田徹厩舎
展開のハマッた上位勢には水を開けられたが、5F通過60秒7は同日3勝級を0秒6も上回るハイペース。これを自分で勝ちに動いて4角先頭、前で運んだ組では一番の踏ん張りを見せた前走(④着)に地力強化の跡。続けて乗る丹内Jも「今度はイイんじゃないか」とかなりの好感触をつかんでいる。

札幌6日目8Rブルーゲート

武井厩舎
大外枠でダッシュがつかず、開き直りの直線勝負に転じた前走でイメージ一新の上がり33秒9。レースでは初めての騎乗となった鷲頭クンも「いつもと違う競馬になりましたが、追い切りと同様、イイ反応で伸びてくれました」とニッコリ。当時が函館→札幌、そのまま滞在の連闘策も不気味に映る。

≪ご注意≫
上記の注目馬の出走予定、情報はあくまで水曜想定段階のものです。除外・出走回避・レース変更等、最終的な情報入手により、変動する可能性もあります。当週の確定情報を必ずご確認ください。

<< 一覧に戻る